ちょっとのプラスがかなりいい。 お役立ち情報 随時更新中! 

フォーマルにもカジュアルにも!クラークスの革靴を5年間履いた感想

目次

フォーマルにもカジュアルにも!クラークスの革靴を5年間履いた感想

普段の仕事は簡易的な靴、そして休日はスニーカーを履いている私ですが、結婚式や授業参観などでフォーマルな服装をしなければならない時は革靴を履きます。

今回はその革靴のご紹介。さすがに法事の時などはバリっとした革靴(↓こんな感じの)

を履きますが、ちょっと柔らかめの友人の結婚式や子供の授業参観などは、今回ご紹介するクラークスの革靴でいっちゃいます。

私はこのクラークスの革靴を5年前に購入しました。最初の1年間はほぼ毎日履き、その後は年間20回程度。年20回の内訳は仕事に履いていく訳ではなく、ちょっとフォーマルの時や、カジュアルでもちょっと気を使う時などに使っている感じです。

このような使い方なので、5年経過してもまったくくたびれていません。

今回はこのクラークスの革靴のレビューをご紹介します。

今回の記事でわかること

  • クラークスがどのような企業か知ることができる
  • クラークスのレースアップシューズ メンズ トラペルペースのレビューを知ることができる
  • クラークスのレースアップシューズ メンズ トラペルペースをどのような時に履くべきなのか?
  • 革靴をカジュアルで利用する時の注意点
  • クラークスの革靴ランキング
  • Amazonレースアップシューズランキング

クラークスってどんな企業なの?

本題に入る前にクラークスという企業についてご紹介します。

クラークスの歴史

200年前にサイラスとジェームスというクラーク兄弟が作ったシープスキンのスリッパから始まります。羊の皮&ボアという画期的な組み合わせのスリッパを作り、それが爆発的に売れました。

その後、靴専用ミシンを開発、ソールカットマシンの稼働、防水加工の革靴を商品化などの画期的な開発、販売を行い企業を大きくしていきました。

クラークスの哲学

「靴は履くではなく包むもの」これがクラークスの哲学。包み込むような絶妙なフィット感を得るために、きつすぎず、逆にルーズすぎず、ちょどいいい締め付け具合&包み込むようなフィット感を大事にしているようです。

クラークスといえばデザートブーツ

「世界初のドレスカジュアルシューズ」これがクラークスのデザートブーツです。1950年から2021年現在までずっと変わらぬデザインで人々に愛され続けています。

足を優しく包み込むスエードのアッパーと、適度な弾力性が歩きやすいクレープソールが特徴。まさにクラークスの哲学にピッタリとくる至高の一品となっています。

そしてワラビーも一世を風靡

デザートブーツと並んでクラークスの二大看板として有名なのがワラビーです。1966年に誕生してから今日までずっと人々に愛されています。ここ日本でも1900年代に一大ブームになってから街中で見かけない日はありません。

特徴はそのユニーク且つ洗練されたデザイン。いつだって飽きのこない、完璧なカジュアルシューズという位置づけです。

クラークスの企業概要

会社名クラークスジャパン株式会社
英文社名Clarks Japan Ltd.
代表William Tung(ウィリアム・トン)
所在地東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル3F
電話番号03-5411-3055
業務内容靴・アパレル商品の輸入・卸売・小売
設立年月1983年12月

クラークスジャパンホームページを閲覧したい方は「こちら」をクリック

私が購入したトラペルペースのご紹介

↑↑こちらのシューズが私が購入したクラークスのレースアップシューズ「トラペルペース」です。

先ほどご紹介したワラビーの先端が丸くなっている版といった感じでしょうか。写真を見ると皮がテカテカとしていますが、本当は艶がなくちょっと皮が古ぼけているような作りとなっていました。↓こんな感じです。

こんな感じでつや消し&古い感じがウリだったのだと思いますが、このところちょっと飽きてきたので「ミツロウ」を塗りこんで艶を出しています。どちらもいい感じなので気に入っています。

靴の内側はこんな感じ

裏側はこんな感じ

横から見ると

かかと部分にはClarksの刻印が

どんな服装に似合う?

以下の写真のように、カジュアルにもフォーマルにもよく合います

強いて言えばどんな服装に似合うか

  • ジャケット&ジーンズなどのちょっとキレイ目なカジュアル
  • 綿のパンツ&ニットなどのカジュアルでもOK
  • ブイネックニット&スラックスなど軽めのフォーマル
  • スーツ+中がTシャツなどのラフな印象のフォーマル
  • 真冬で上下シックな色の服装をする時

逆にこれはやめておいた方がいいかも…という服装は

  • ビジネススーツ着用時
  • 結婚式場で行うようなバリっとした結婚式
  • 法事
  • スウェットや運動用のジャージなどラフな服装の時
  • ジーンズ&パーカーなど上下ラフな服装の時
  • 真夏で暑く、上下半そで短パンの時

サイズ感はどうなのか?

私は「US8.5」を購入しました。US8.5は日本で26.5㎝になります。私は普段より26.5㎝の靴を愛用していますが、全く違和感なく履くことができました。

要するに、US表記されているものは、その表記に見合ったサイズを購入すればOKということになります。

よくある「US表記で8.5、日本サイズに換算すると26.5でピッタリなのに大きくてぶかぶかだった」というような、サイズが合わないというようなことはありません。

しかし、若干大きめです。体感では3~4㎜大きいような気がします。なので、ワンサイズ小さめでもいいかな?という感じもしますが、恐らくワンサイズ小さいと窮屈に感じると思うので、表記通りでいいのかなと思います。

普段のサイズでも若干大きめに感じる、といった方はワンサイズ小さめでもいいかもしれません。

この大きめに感じる理由は私が購入した靴の丸いフォルムが理由だと思います。見た目を重視して丸めのフォルムとしているので、多少大きめに感じるのだと思います。

その理由として、今まで3足くらいクラークスの靴を購入して履いているのですが、全てサイズ表記通りの購入で問題なかったからです。今回も問題なかったのですが、説明したように若干大きめでした。恐らくフォルムの問題で、全体的に緩めに作られていることが理由だと思います。

履き心地

なるべく細かく履き心地についてレビューします

まず、履いた感じ

先ほどクラークスの企業説明の欄で、企業哲学は「靴は履くではなく包むもの」という説明をしたましたが、その通り、本当に包み込まれている!というのを実感します。

「靴ひもを緩めて足を入れ込む→そして靴ひもを結ぶ→立つ→歩き出す」すると、足全体が靴に包み込まれているのが分かります。

普通のスニーカーでは足の甲に締め付け感を感じるのですが、クラークス・トラペルペースは足全体をふわっと包み込まれている感じがします。紐を結ぶ部分は締め付ける程度によって多少きつく感じることがありますが、足の甲~足先、サイドの部分はほぼ締め付けを感じません。やさしく包み込まれている感じです。

歩行時はどうなのか?

足先及び足の甲の締め付けが甘い感じがするので、「歩くと足が暴れそうだな…」と思っていたのですが、特に歩いても足が暴れるという感じはしません。しかし、かなりルーズな感じはするので走ったり飛んだりなどハードな運動系はNGだと思います。

私は靴ひもを縛ったままで脱ぎ履きできるくらい紐をルーズにしているので、紐をきつくすればきつくなるのかな?と思ってきつく縛ってみたのですが、靴をご覧になったら分かる通り、紐があるのが足の根本部分だけなので、きつく縛っても足全体の締め付けは変化しません。

クッション性は革靴にしてはかなりいい方だと思います。ソールにエアーでも入っているのでは?というくらいふわっとしたやわらかさを感じます。なので、長距離を歩いていても疲れません。膝や腰が悪い人にもいいのではないでしょうか。

防水性能

外見を見た通り「皮」で四方が覆われているので水は一切入ってきません。がしかし、縫製や防水措置が甘い場合は入ってくる場合もあるので一応実験をしてみました。

洗面台に水をためてそこに靴を半分まで沈めてみました。

そのまま5分間経過しても、中の新聞紙に湿りは認められませんでした。

確認するために中敷きを取り外して濡れていないか確認してみました。

ご覧のように全く濡れずに乾燥した状態が維持されていました。

この実験により、防水措置は完璧であるという結論に至りました。当然、雨の中履いていても水が染みてきたということもありません。

では、クラークス・トラペルペースの欠点は?

あまりないのですが、強いてあげれば「ここはちょっと…」と思うところを取り上げてみます。

クラークス・トラペルペースのいまいちなところ

  1. 皮にシワが寄ってしまうところ
  2. 遊びがありすぎるので、靴の中で足がちょっと動く
  3. かかとが当たる部分の布が弱く破れている
  4. 皮が柔らかいので若干よれる

順番に説明しますね。

①皮にシワが寄ってしまうところ

これは皮製品の宿命ですね。こちらの商品は子やぎ・子牛の皮の裏をけば立てた、やわらかいスエードで作られていますので、長年使っているとどうしてもシワが寄ってしまいます。

写真は足の甲に当たる部分。一番よく目につく場所にシワが出来てしまっています。これくらいのシワは柔らかい革靴にはよくあるものなので、それほど気になるものではありませんが、ウイークポイントの一つではあると思います。

②遊びがありすぎるので、靴の中で足がちょっと動く

先ほどご説明しましたが、全体的に幅広で大きめに作られているので、靴の中で足が少し動きます。なので、跳んだり走ったりするような運動には不向きです。とはいえ、普段、普通に歩くときに使う分には問題ありません。

嫌な人は嫌なのかな?と思ったのでこちらもマイナスポイントとさせていただきまじた。

③かかとが当たる部分の布が弱く破れている

写真はかかとが当たる部分です。布が破れていますよね。「そりゃー5年も履いていれば破れますよ」と言われそうですが…。取りあえず、一番初めに破れが出た部分なので恐らく弱いのだと思います。敢えて上げさせていただきました。

④皮が柔らかいので若干よれる

写真のように波打ったようによれてしまう部分があります。それを補正するために上から厚めの皮が重ねてありますが、全てをガードしていないのでよれてしまうのを改善できていません。

通常、スエード生地の靴はよれないように硬い裏打ち剤があるのですが、こちらはそれがなく周囲を硬い皮で覆っている(下から1㎝くらいのみ)形となっているので、カバーできずよれているという感じです。

とはいっても、それほど見苦しい感じではなく、どちらかといえば「味のあるよれ」となっているので私は問題視していません。敢えて欠点を取り上げれば、という程度です。

以上、すべて含めクラークス・トラペルペースは買いなのか?

クラークス・トラペルペースの私の評価(満点は100点)

88点

  1. 見た目      ★★★★★★★★☆☆ 8点(満点は10点)
  2. ファッション性  ★★★★★★★★★☆ 9点
  3. 履き心地     ★★★★★★★☆☆☆ 7点
  4. クッション性   ★★★★★★★★★★ 10点
  5. タフさ      ★★★★★★★★☆☆ 8点
  6. コスパ      ★★★★★★★☆☆☆ 7点
  7. 汚れや水への強さ ★★★★★★★★★★ 10点
  8. 希少性      ★★★★★★★★★★ 10点

順番に説明しますね。

①見た目

これは自分が好きで購入したのでほぼ満点です。とはいえ、少し薄汚れたような色落ち(最初からのダメージデザイン)がちょっとだけいまいちに感じたので8点とさせていただきました。

②ファッション性

これは素直に素晴らしいと思います。ご紹介したようにフォーマルにもカジュアルにも使えます。カラーがこげ茶なので悪目立ちせず、シックな感じでコーディネートをまとめてくれます。更にフォルムが独特なのでオシャレを演出してくれます。

③履き心地

履き心地は足全体が包まれるような感じがして最高です。とはいえ、締め付け感が不足しているので、中で足が動いてしまうという感覚を覚えることがあります。なので跳んだり走ったりなどの激しい動きはNGです。

④クッション性

これは最高中の最高です。ナイキのエアフォースワンよりもクッション性は良いと感じます。靴全体のクッション性もいいですが、足の裏全体へのクッション性もいい感じがします。恐らく中敷きの厚みがあるので、足の裏が柔らかく感じるのかな?と思います。とにかく歩いている時のクッション性はピカ一です。

⑤タフさ 

私が丸5年間使った結果としては「かなりタフでいい靴」と判断できます。特に外回り(スエード&ソール)はタフだと思います。がしかし、内側のかかとが当たる部分の布が切れているのでそこは弱いのかなと思います。

⑥コスパ

私はこちらの靴を「20,520円」で購入しました。コスパは「まあまあ」だと思います。天然皮のヌバックレザーをふんだんに使い、しかも一流メーカーのクラークスの一品。靴の出来栄えは最高級で非の付け所がありません。5年間履いてもそれは同じ。この靴に対する2万円という価格は全く高くは感じません。むしろ安いと思います。17,000円程度であれば満点だと思います。

⑦汚れや水への強さ

水への強さは先ほど実証実験した通り強いと評価できます。汚れに関しましても、水で濡らしたぼろ布でふき取れば大概の汚れは取れてなくなります。汚れやすいというデメリットもないので総じて問題ありません。

⑧希少性

これは高いですね。私はまだ1度もこの靴を履いた人を見たことがありません。かなり希少性が高いので「絶対に人とかぶりたくない」という人はいいと思います。デザインもユニークなのでオシャレ度満点です。

クラークス・トラペルペースはどこで購入すればいいのか?

  1. Amazon
  2. 楽天
  3. 靴専門店
  4. メルカリ

順番にご紹介しますね。

①Amazon

私はAmazonで購入させていただきました。購入した頃はいろいろなサイズがあったものの、今は「24.0㎝」しか購入できない状態となっています。

24.0㎝以外の方は他で購入するしかありません。

②楽天




こちらには3店舗ほどが出品されていました。珍しい色もあるので、気になる方はぜひ購入してみてください。早い者勝ちになりそうですが…。

③靴専門店

こちらはいろいろ探しているものの今のところ出会ったことはありません。しかし、アウトレットのクラークス専門店では似たようなデザインのものがいろいろとありました。とはいっても、全く同じものには出会えませんでした。

恐らく世界中を探せば販売しているお店に出会えると思いますが、出会える可能性は低いと思います。

④メルカリ

探したのですがありませんでした。いつか掲載される日が来ることを期待しましょう。

クラークスの靴は多数販売されています。こちらから入りご覧くださいませ。

Amazonで人気のクラークスの靴ランキング

Amazonで人気となっているクラークスの靴をランキング形式でご紹介します。

1位 [クラークス] チャッカブーツ レースアップシューズ 

2位 [クラークス] モカシン シェイカー

3位 [クラークス] モカシン シェイカーIIラン【アマゾン限定】 メンズ

4位 [クラークス] スリッポン 革靴 ウィドンステップ メンズ

5位 [クラークス] ビジネスシューズ 革靴 ベッケンレース 本革 メンズ

6位 [クラークス] ショートブーツ テイラーシャイン レディース

7位 [クラークス] ブーティ リンベールシー 本革 レディース

8位 [クラークス] ビジネスシューズ 革靴 バンバリーウォーク メンズ

9位 [クラークス] ビジネスシューズ 革靴 レースアップ ティルデンプレイン 本革 メンズ

10位 [クラークス] オックスフォードシューズ ハンブルオーク 本革 レディース

続いてAmazon「レースアップシューズランキング」

Amazonで人気となっているレースアップシューズ(靴ひものようにひもを交互にして編み上げにしてしばるシューズ)をご紹介します。

1位 [Poerkan] ビジネスシューズ メンズ 防水高級レザー 内羽根 ドレスシューズ

2位 [テクシーリュクス] ビジネスシューズ 本革 スニーカービズ TU-7010

3位 [SOARHOPE] メンズシューズ カジュアルシューズ メンズ カジュアル靴 本革 スエード

4位 [SOARHOPE] マーチンシューズ ポストマンシューズ メンズ レディース ホールシューズ

5位 [ムーンスター] スニーカー 防水 幅広 ウォーキングシューズ MS RP007 メンズ

6位 [テクシーリュクス] ビジネスシューズ 本革 幅広4E TU-7796 メンズ

7位 [visionreast] ビジネスシューズ メンズ 革靴 ブレン-トゥ 外羽根 おしゃれ 紳士靴

8位 [KIXSTAR] カジュアルシューズ メンズ ワークブーツ ローカット 防滑 レースアップ

9位 [JOYWAY] マーチンシューズ メンズ ポストマンシューズ 3ホールシューズ 3E 本革

10位 [タビビヨリ] アシックス商事 旅日和 カジュアルシューズ TB-7817

今回の記事は以上になります

ということでクラークスのトラペルペースのレビューとなりました。丸5年間それほど多く履いている訳ではありませんが、最初の1年間はほぼ毎日、その後は1~2か月に1度くらいのペースで履かせていただきました。

見た目と履き心地は最高の一言。でも、運動などには不向きなので、例えば子供とアスレチックに行ったりバッティングセンターなどに行く時は、この靴ではなくスニーカーをチョイスするようにした方が無難です。

この靴の一番ウリはデザイン性と耐久性だと思います。
ワラビーをような変わったデザインでかわいいという言葉がしっくり来ます。そしてかわいいだけではなく、耐久性の方も圧倒的です。一流メーカーの靴なのであらゆる面でしっかり作られています。なのでタフ。5年履いても全くくたびれません。

価格は定価2万円なのでちょっと高いかな…と思いがちですが、このデザインと耐久性を考えたら私は安いと思います。

ぜひ、今回のレビューを購入の材料としてくださいませ。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
当ブログには他にも様々な記事がございますので、ゆっくりしていってくださいませ。

関連記事

英国製モデル。ニューバランスM576を2年間履いた感想(レビュー)

ニューバランスのスニーカー、英国製復刻モデル「M576」というモデルについてのレビューをご紹介したいと思います。素晴らしいスニーカーなので気になる方はぜひご覧になってくださいませ!

ナイキ エア ヴェイパーマックスを2年間履いて色々と分かったこと(レビュー)

一言でいうと「履いていて嬉しくなるスニーカー」です。なぜうれしくなるのか?それは外見ががっこいい&歩き心地がフワフワして雲の上を歩いているかのような感覚だからです。

2021年・40代男性がダサく見えないファッション講座

40代男性のダサく見えないファッション講座を開催したいと思います。ついファッションなんてどうでもいい…思いがちですが、ちょっとカッコいいお父さんってよくないですか?